料理ジャンル別オススメ

  1. TOP
  2. 料理ジャンル別オススメ
  3. お値打ちな耐熱どんぶり容器!YS丼をご紹介

お値打ちな耐熱どんぶり容器!YS丼をご紹介


耐熱温度

容器の素材により、電子レンジで温められるものと温められないものがあります。

見た目だけでは耐熱温度は分かりにくいですが、電子レンジ不可の容器を温めると、
加熱の最中に変形したり、中の料理が飛び出す可能性があり大変危険です。

電子レンジで温められる容器を選ぶ参考として、以下の表に
素材ごとの耐熱温度・耐寒性・保温性などの特徴をまとめました。


素材 耐熱温度 電子レンジ 耐寒性 耐油性 保温性 特徴
PSP 80℃ × × 優れた断熱性があります。常温使用のトレーや容器として使用されています。
OPS 80℃ × × × 透明性が良く、弁当容器の蓋やフードパックとして使用されています。
PP 110℃ × 優れた耐熱性から、耐熱食品容器として使用いただけます。
耐熱PSP 100℃ PSPの耐熱性・耐油性を強化した素材です。

素材特性と注意点

電子レンジ使用上の注意点

内容物によって容器が破損・変形することがありますので、
必ず実際に盛り付ける食材でテストを実施して適正な加熱条件設定をお願いしています。

素材に表記されている耐熱温度は、商品形状・シート厚などにより多少異なる場合があります。
耐熱温度に近い条件下でのご使用の際は実物で事前にご確認下さい。

また、適正な加熱条件においても、場合によって容器が柔らかくなることがありますのでご注意下さい。
電子レンジで温めるときには、容器素材の耐熱温度以上しないようにお願いします。

温めの際には蓋を外して使用して下さい。穴明け蓋ではない場合、蓋が飛ぶ可能性がありますので注意して下さい。

耐寒性について

耐寒性は、冷凍保管、輸送を想定し仕入先での評価となります。
温度条件や衝撃の大きさによって破損を生じる場合がありますので、事前のテストをおすすめしています。

耐油性について

油の浸透や浸食を防ぎます。
PPフィルムをラミネートしていないポリスチレン系の製品は、柑橘類に含まれるテルペンや、
油分の多い熱い食品は油脂により変質する場合があります。

米飯・佃煮の艶出しや、加工食品の剥離剤として使用されるMCT油脂
(中鎖脂肪酸トリグリセライド主成分の油脂)は、ポリスチレン系の製品に使用した場合、
容器がもろくなり破損する場合がありますのでご注意下さい

断熱性について

容器の外側が熱くなりにくい素材です。
電子レンジで温めた後でも持ちやすく、容器を落としたり手をやけどするのを防ぐことができます。

耐熱どんぶり容器 YS丼


YS丼

耐熱どんぶり容器 YS丼の特長

  • 電子レンジ対応
  • 素材がPSP主体のため、冷めにくく、高い断熱性がある
  • 滑りにくく、持ちやすい
  • 外嵌合蓋
  • 本体は「白」・「黒」の2色

一般的などんぶり容器でのごはん盛り付け量(g)
ごはん中盛り 約240g
ごはん大盛り 約400g~480g



キーワードから探す

カテゴリーで探す

タグで探す

  • オンラインショップ容器スタイル
  • Facebook
  • instagram
  • Twitter
  • YouTube