エコ

  1. TOP
  2. エコ
  3. 環境にやさしいエコ素材【ファルカタ材】を使った容器を紹介

環境にやさしいエコ素材【ファルカタ材】を使った容器を紹介

ファルカタの木(伐採前)

ファルカタ材は別名をバタイ、モルッカンソウ、センゴンラウトとも呼ばれるマメ科の植物(広葉樹)です。
ファルカタ材の特徴は様々ありますが、実はファルカタはマメ科の植物ですので木というよりは草。
しっかりした木にしか見えないのに草なんて衝撃ですよね!
成長速度が早いという特徴をもち、東南アジアを中心に植林されています。
植林の背景にはこのような理由があり、ファルカタ材は世界に出回っています。
そんなファルカタ材について、それを使用した容器についてお伝えします。


ファルカタ材とはDIYでもよく使われていて、とても扱いやすく加工しやすい人気の木材です。
ファルカタ材の成長は他の木々よりとても早いので、通常5~7年ほどで伐採。
また、通常の木々よりも軽く加工のしやすさから、ホ-ムセンタ-の「木材販売」などで見かけます。
古くからある、日本の「桐」に似ています。
建具屋さんでは、小口の引き出しにも製造されています。
加工のしやすさと、見栄えする高級感などから「おせち箱」などに採用されています。

ファルカタ材の特長


ファルカタ材の板

ファルカタ材の特徴について順番に見ていきましょう。

①軽量

ファルカタ材の1つ目の特徴は、軽いことです。
ファルカタ材の比重(比重 g/㎡)は0.37、スギ(0.38)ヒノキ(0.41)より軽い為、持ち運びや加工作業にも非常に楽です。合板種類の中では、ファルカタ材の合板が最も軽いので、引き出しや小物入れなどに使われやすいのです。
桐の代わりに使われやすいのは見た目以外に、軽いという特徴が一緒ということも言えます。

②加工のしやすさ

2つ目の特徴は加工がしやすいという点です。
ファルカタ材は軽い以外に軟らかい木材なので、加工作業も楽です。通常は木材を加工する際、木の板を切ろうとするときにノコギリを使用しますが、ファルカタ材は厚みによってはカッターでも切れるほど軟らかいのです。

③仕上がきれい

3つ目の特徴は見た目がきれいに仕上ることです。
ファルカタ材は合板や集成材が多いので、切断面がザラザラしがちですが、紙ヤスリをかければ綺麗に仕上がります。白が基調のファルカタ材は、ペンキなどの塗装できれいに色付けができます。
また、見た目が桐に材質がよく似ているので、見た目にも高級感があり桐の代わりにタンスの引き出しなどに代用されています。

④エコ素材


ファルカタ材が優れているポイントの一つに、エコ素材としての一面があります。
通常の木材は燃やして処分されたりしますが、ファルカタ材は土に還りやすいので、地面に埋めてしまうだけでも良いのです。
環境にも優しい注目の木材です。

容器スタイルのファルカタ容器


主に、東南アジアに生育している成長の早い木のファルカタ材。成長の段階ではCO₂(二酸化炭素)の吸収が早いのですが、成長が一段落したファルカタ材は、年数の経過とともにCO₂の吸収が鈍化していきます。鈍化したファルカタ材を伐採し、新たにファルカタ材を植林することでCO₂の削減に繋がります。
もうひとつの特徴であるものに、土に還りやすい性質を持っているファルカタ材は土に埋めるだけで分解されます。
焼却による余分なCO2排出も削減可能。環境にやさしい木材とされています。


折りたたみ式でコンパクトな木製容器

従来の木製折箱は、包装形態が積み重ねの梱包方法しかなく、かさばるのが難点でした。しかも木製折箱を縛ってある紐をほどくと袋の中でバラバラになり、収納にはちょっと不便です。
容器スタイルのファルカタ容器の特徴は、本体は折りたたみ式でコンパクトなつくりにしてあります。
ストックスペ-スが1/5程度(※一部の商品)になります。
在庫の保管場所スペ-スがないような施設の店舗やキッチンカ-で営業されている方には朗報!また、使用時はワンタッチで組み立てられるので作業性も抜群です!

※一部(円形・楕円形)の容器は折りたたみ式用ではありません。


木製折箱の組み立て

機能性と使用用途

表面にグラシン紙を貼っており耐油・耐水性があります。
高級感があり和洋中様々な、お料理やお菓子・雑貨等で使用できます。お寿司などで昔より使用されていた、お馴染みの「折箱」です。
今では、人気のある生キャラメルやチーズ・珍味のお土産用としても販売されています。

注意事項
※耐油・耐水加工をしていますが、場合により漏れることがあります。
※オーブンや直火では使用しないでください。
※熱湯は入れないでください。

ファルカタ木箱


木箱に入ったメロン

木箱に入ったおせち料理

ファルカタ材は材質が日本の桐と似ている為、桐の代用材としても使用されています。
板から容器に加工仕上げられると、高級な桐に似ているので見た目もにも高級感が漂います。
ファルカタ材が白木素材の色調ですので、清潔感と豪華さをかね備えており、ギフト品や贈り物には最適です。
ファルカタ材を使った容器で、高級容器に加工したものもあります。「おせち箱」や「メロン箱」・「お酒箱」などで使われています。
いずれも高級感があり付加価値があふれるものです。


まとめ
エコなうえに高級感も出せるファルカタ容器。
お店のイメージアップ、ブランディングにも一役買ってくれる容器なことはまちがいのではないでしょうか。
ぜひお試しください。

キーワードから探す

カテゴリーで探す

タグで探す

  • オンラインショップ容器スタイル
  • Facebook
  • instagram
  • Twitter
  • YouTube