エコ

  1. TOP
  2. エコ
  3. 専門店向けも!エコでおしゃれなバイオマスレジ袋

専門店向けも!エコでおしゃれなバイオマスレジ袋

サムネイル(パン屋のイメージ画像)

エコに関心のある飲食店・食品販売店が、容器だけでなくレジ袋もエコなものを選択している店舗が多くなっています。
本記事では、レジ袋の素材「バイオマスプラスチック」についてや、専門店におすすめのレジ袋なぢをご紹介します。

バイオマスプラスチックとは


バイオマスレジ袋の生産工程を紹介したイメージ画像

原料に植物など再生可能な有機資源を使用したプラスチック。
原料である植物が光合成により二酸化炭素を吸収しているため、使用後に焼却して二酸化炭素が発生しても大気中の温室効果ガス増加には影響しない(=カーボンニュートラル)。

バイオマスプラスチックへの移行目的と適用項目


無料で配布できるレジ袋 ①②③のいずれかに該当すれば無料となります いずれかに該当する場合は有料化の対象となりません。  ①植物性由来の「バイオマス素材」の配合を25%以上含んだものバイオマス素材の配合されたレジ袋には、下記の表示が印刷されています  (バイオプラのマーク、バイオマスのマーク)  ②レジ袋の厚みが50μ以上で繰り返し使用できる袋で、下記の表示があるもの  (この袋は厚み50μ以上であり、繰り返し使用することが推奨されています)  ③微生物によって海洋で分解される、海洋性分解プラスチックの配

バイオマスプラスチックへの移行目的

2020年7月の施行されたレジ袋有料化法は、レジ袋などの使い捨てプラスチック製買物袋の使用量削減を目的しています。

  1. CO2の排出量削減
  2. 石油資源の節約
  3. 海洋汚染の防止

バイオマスプラスチックの適用項目

  1. サトウキビ等の原料を使用した植物由来の「バイオマス素材」の配合率が25%以上使用した環境に配慮したレジ袋。
  2. 袋の厚みが50μ以上で、繰り返し使用を推奨する旨の記載があるもの。
  3. 微生物による海洋で分解される、海洋性分解プラスチックの配合が100%のもの。

表示内容


(バイオプライマーク)日本バイオプラスチック協会 バイオマスプラスチックの割合が25%以上 (バイオマスマーク)一般社団法人日本有機資源協会 バイオマス由来の商品であること バイオマス度(商品に締めるバイオマス比率)を5%刻みの数値で表示

オシャレなデザインの 持ち帰り袋


おしゃれなバイオマスレジ袋のイメージ

バイオマスレジ袋は、従来販売されているものでは、「乳白・半透明の無地」や「手提げタイプ」が一般でしたが、デザイン的には少し味気ないものでした。
小判抜き型は、パン屋さんや洋菓子さんにも使用できるように、お洒落なデザインになっています。
持ち手は、小判型でくり抜いていますので、持ち歩いても中身が広がる事がありませんので、使い勝手がよく、環境にも配慮されたバイオマス袋です。
通常タイプ手提げ袋ルセット柄は、どの業種にも向いていますから、こだわりのお店にはご検討するよい機会ではないでしょうか。

ワインや日本酒用 持ち帰り袋


ワイン・日本酒用持ち帰り袋のイメージ

酒屋さんやワイン専門店などでもご使用いただける、バイオマス袋です。
袋の長さがあるので、お酒以外にもフランスパンなどを入れたり、花屋さんの切り花でもご使用していただけます。

同様の商品をもっと見る


キーワードから探す

カテゴリーで探す

タグで探す

  • オンラインショップ容器スタイル
  • Facebook
  • instagram
  • Twitter
  • YouTube