疑問・お困りごと解決

  1. TOP
  2. 疑問・お困りごと解決
  3. お店でできる感染症対策 - 容器・資材編 -

お店でできる感染症対策 - 容器・資材編 -

飲食店の机

感染症とは、病原体が体内に侵入して、症状が出る病気の事をいいます。
病原体は大きさや構造により細菌・ウィルス・真菌・寄生虫などに分類されます。
病原体が体の中に侵入しても、症状に現れる場合と現れない場合がありますが、病原体と感染力と体の抵抗力とのバランスで決まります。
昨今は、世界的に感染力の強い変異型ウィルスにより、抵抗力のある方でもウィルスにかかりやすくなっています。
感染経由には「空気感染」・「飛沫感染」・「接触感染」などがあり、これらの感染を防ぐ対策を講じる必要があります。

感染経路の種類

「感染経路」と一言でいってもの様々なものがあります。
一つ一つ見ていきましょう。

空気感染


つり革

空気感染とは、感染者が飛ばした飛沫核(エアロゾル)を吸い込むことで感染することを言います。
飛沫核というのはくしゃみや咳、つばといった水分が乾燥し、病原菌だけが空中に浮遊している状態。その結果、感染者と離れた場所にいたとしても長時間浮遊している飛沫核を吸い込むことで感染してしまうことになります。
何よりも密閉した空間を作らないこと、また三密(密閉・密集・密接)を避けることに加えて、窓を開けて常に換気をする、室内の空気循環を良くする事です。
換気がない建物内では、ウィルスは漂い続ける可能性があります。

飛沫感染


席でウイルスが飛ぶイメージ

飛沫感染とは、感染者くしゃみ、咳、つばといった飛沫と一緒にウイルスが空気中に放出されます。
ウィルスが空気中に漂い、近くにいた健康的な方がそのあおり受けウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染することを言います
飛沫核は非常に軽いため3時間程度は感染性を有するとの報告もあるため、密室では感染を引き起こす可能性があるとされています。密閉された屋内や空調が悪く空気が澱んでいる、換気の悪い屋内などでは微細な飛沫により感染のリスクが高くなるといえるのです。
症状がなくても常時マスクを着用する習慣が(外出や屋内)寛容です。

接触感染


ドアノブにウイルスが付着しているイメージ

接触感染とは、感染者から排出された細菌やウイルスなどの病原体を含む唾液や分泌物・排泄物などにより、病原体に汚染されたものに触ることによって起こる感染です。それらに直接触れることでも、物を介して間接的に触れることでも起こります。
間接的とは、咳やくしゃみを押さえた手で電車の吊り革やドアノブを触ることでそこに細菌やウィルスが付着します。その後に、つり革やドアノブを触った健康の方に細菌・ウィルスの病原体が付着することで感染する可能性が高まります。
感染者が触った取っ手などは、菌が何日も付着しています。それを触った方が、感染の恐れの可能性があります。

感染を防ぐための対策

細菌・ウイルス感染防止の基本は感染しない、感染させないです。
それぞれの対策についてお伝えしていきます。

手洗い


手を洗っている様子

感染対策の基本は手指衛生です。
感染した要因の多くは、手に付着した細菌・ウイルス等が物品に付着し、そこから手を介して鼻や口目から体内に入ることです。多くの細菌・ウィルス等の微生物は、電車のつり革・手すり・エレベ-タ-ボタン・ドアノブ当を介して手から拡がります。
接触感染を防ぐ効果は高い為、感染症を防ぐには手洗いが重要事項です。
2回手洗いを実施することで、ウイルスの除去効果があるという実証データもあります。

消毒


接触感染の予防効果が高いと言えば、アルコ-ルです。アルコールは手に付着した細菌・ウィルス等の微生物を短時間で確実に減少させることができます。
比較的設置が簡単にでき、殺菌に対しも効果があり、手洗い設備が不要なので多くのお店が採用されています。

マスク


マスク着用の意義は、「症状がある人が感染を拡めないため」・「症状がない人も感染にならないため」の2点とです。
外出時や屋内にいるとき、会話をする場合に症状がなくてもマスクを着用。マスク着用は手洗いよりも優先順位が高く、より重要です。
空気感染や飛沫感染を予防には、ある程度の効果があります。
最近はいろいろな種類のものが出てきましたが、感染防止に最適なのが不織布のマスクです。

空気清浄機(補助的役割)


空気清浄機

プラズマクラスター 空気清浄機 KI-M850S

空気清浄機などは新型コロナウイルスに対して効果があるという確かな確証がないものの、空気中の汚れを取り除いてくれる空気清浄機にも、ある程度の効果が期待できます。
新型コロナウイルスの感染対策として換気の方法がありますが、室内の空気の流れを生み出す空気清浄機は、その換気を補完する役割があります。
厚生労働省では換気を補完する目的で、HEPAフィルターによるろ過式の空気清浄機の使用を呼び掛けています。

安心・安全対策としての提案 - 容器・資材編 -

惣菜の個別売りやベ-カリ-店・バイキングやビュッフェのお店では、飛沫感染・空気感染・接触感染などで苦慮されている事と思います。
感染予防対策を、お店側として行い消費者であるお客様のために「 安全 」に手に取ってもらい「 安心 」して購入していただくように提供してまいりましょう。
感染対策として、重要な役割になるのが、容器や資材です。
容器スタイルは、お店の立場となり消費者である、お客様の為に何ができるかをご紹介させていただきます。

惣菜編


スーパーのお総菜売り場

オープンな売り場から飛沫・空気・接触感染を防ぐには、個別のパッケ-ジや紙製品に変更すると解決できます。
惣菜などはバイキング方式で、バラ売りの場合にあまり気にしなかった、加熱ができるレンジ対応の機能別の容器、あるいはエコ素材からできたものや、デザイン性にも優れたものなどが用途別に選ぶことができます。


青果編


食べ物が並んでいるスーパー

青果物をパッケ-ジ内に入れるのがなかなか難しいのですが、そのまま食する事が多いフル-ツ類から始められてはいかがでしょうか。
果物を触って確認する場合が多く、パッケ-ジや資材を使って少しでも安心感が与えられのではないでしょうか。


ベーカリー編


パンが並んでいる様子

ベーカリーなどの個別にパンを取る場合があります。
接触感染を避ける為に、紙製の使い捨てトング・紙皿を検討されるのも判断材料のひとつです。
最近のベーカリーは、ポリ袋に入ったままのものが多いのですが、窓付の袋などにパンを入れたり、サンドイッチなどはパッケージに入れて売り場に変化を持たせてはいかがでしょうか?


フードコード編


フードコート

フードコートでは、麺類やスープ類など販売されているさまざまな分野の店舗が入居されています。
紙製品のパッケージでも多機能になっていますので、汁物にも耐えられる仕様に なっています。耐レンジアップの商品もあり、調理工程や人手不足の解消にもつながります。


鮮魚・精肉編


鮮魚

鮮魚・精肉の場合、鮮度が命です。通常にパックされていますと、生鮮は日に日に鮮度が落てきます。
そこで真空袋に入れて冷凍管理して販売してはいかがでしょうか?
鮮魚について、真空袋ではあまり見かけませんし、笹柄で売り場の変化が楽しめます。
精肉についても、ゴールド基調の真空袋もご用意致しました。


まとめ
今回、ご紹介しました≪容器≫≪資材≫等が 感染 防止に直接結びつくものではありませんが、食の安全と予防を、より一層取り組んではいかがでしょうか。

キーワードから探す

カテゴリーで探す

タグで探す

  • オンラインショップ容器スタイル
  • Facebook
  • instagram
  • Twitter
  • YouTube